ブログメインイメージ

今年は2回!!

梅雨明けとともに、連日30度超えの夏日。。。

皆さま、お元気でおすごしでしょうか?

 

この時 期

「土用の丑」「うなぎ」 ののぼりをはためかせ

スーパーやコンビニでは熱い商戦が繰り広げられております。

 

もう ご予約されました?

 

今年は7月25日、そして8月6日。
なんと2回もあるそうです。

そもそも  土用とは年に4回。
春、夏、秋、冬の季節の変わり目である四立。
つまり、立春、立夏、立秋、立冬の前18日間をさします。

今年はこの18日間のあいだに、干支の「丑」の日が2回めぐってくるので
「一の丑」「二の丑」と2回あるのです。

 

なんだか・・・

 

得した気分?

 

日本では、「丑の日」には、
「う」のつく食べ物を食べると夏負けしない

という風習から、「うり」「うどん」「うめ」など
が食されていました。
そして、丑の方角である(北)を守護する
玄武(黒)の色を食べると

厄除けになるといわれているそうです。

 

「う」がついて「黒い」 うなぎ。

ビタミンA、B群、D、Eなどが豊富で
いかにも夏バテに効きそうですね。

 

「土用の丑の日」のうなぎを流行らせたのは
平賀源内と言われていますが、
それは 夏場売り上げの落ちる魚屋さんの為のアイディア。
江戸の時代のお話。
もちろん、牛肉は一般的に食べられることはありませんでした。

 

今は平成の時代、 うなぎもいいけれど
土用に「お肉」はどうでしょう?

 

と いうことで・・・

 

今年の土用は

やっぱり 都あけぼの「厳選牛重」

 

2017_6_a_soup_624

 

まず、暑さの中 ご来店の一品目は

ひんやり とうもろこしのポタージュ

優しい味わいのとうもろこしのスープに
コクのあるフラン、ほろ苦コーヒーゼリーを加え

粒とうもろこしやインゲン、松の実、こんにゃく
など、食感も楽しいスープです。

 

少し汗がひいたころに 

厳選牛重

ステーキ重

 16穀米に 特製のタレをかけ
 たっぷり100gの牛ヒレと
 ローストビーフを 
 ご飯が見えないくらいのせました。

 定番のネギ塩を載せていただきます。

 

 

さっぱり野菜小鉢と
お味噌汁もついて

男性でも お腹いっぱいになるボリュームです。

 

DSC_0403 都ソフト-thumb-170x226-4059

都特製 ソフトクリーム

 食後のコーヒー(または紅茶)
 もついてます。

 

 この 厳選牛重 3000円(税別)

 

 

味はもちろん、
食後の満足感と
コスパの良さが自慢です。

 

年間通して オーダーいただける人気メニューですが、

特に「土用の丑の日」に!
おすすめいたします。

 

一日限定10食ですから、ご予約はお早目に。

 

しらき

 

良薬口にうまし!!

これから暑さで体力を奪われそうな季節・・・

いつもより、食べるものに少し気を遣ってみませんか。

暑い季節に冷たいもの!
つい、のど越しのよいものを摂りがちです。

でもね、それはクーラーのない昔のお話。

 

エアコン普及率9割超の現代で冷たいものばかりでは、
体が冷えすぎて血行が悪くなったり
内臓の働きが弱ったり・・・・

結果、なんだか食欲が落ちて夏バテ気味~(+_+)

ということに なりかねません。

 

そ こ で

IMG_20170705_115507 前菜 3種盛り 夏2017


お昼のコース 前菜

手前は
パプリカのムースと夏野菜

カンパチの手まり寿司。

 

 

奥の蓋付の器が
今回おすすめの 温かい椀物。

 ハモの真丈と夏野菜

前菜2017 夏
生命力の強さから、特に京都の夏に
欠かせない ハモをすり身にし、
一口サイズの真丈に。

ハモと相性の良い梅は彩りだけでなく
クエン酸の働きで、カルシウムや
マグネシウムの吸収を助けてくれます。

 

 

そして、「ファイトォーー!!」
 「いっぱーーーーぁつっ!!」
で有名な 
タウリンがたっぷりの海老。

冬瓜は冬の瓜 と書きますが、旬は7~9月。
95%が水分で、一見栄養なんてなさそうに見えますが
体を冷やす効果や、利尿作用のあるカリウムを多く含み
古くから夏場に親しまれてきたお野菜です。

 

ユリ科のホンカンゾウの花のつぼみである金針菜。
疲れた胃腸を整えるはたらきや、イライラ、不眠の緩和
夏バテ解消に、古来から漢方薬としても使われてきました。

さらに、胃腸の粘膜を守るビタミンUを含むキャベツ。

 

 

お魚の出汁で、うまみのあるスープ仕立て。

お野菜の栄養たっぷりと

温かいうちにスープごとどうぞ!

 

一度食べたくらいで
すぐに効果は期待できないかもしれません。

でも、
この夏、ご来店くださるお客様が

おいしく、元気に!
という気持ちをこめて ご用意しております。

しらき

 

 

 

このページの上部へ