ブログメインイメージ

ひとつで 二度おいしい!

「大アサリって 大きいアサリ?」

 

どれくらい大きいかって・・・

これくらい!

おおあさりimages

 

 

大きなものは10センチ前後あるそうです。
アサリと同じ、マルスダレガイ科ですが

「大アサリ」は通称で

内側が濃い紫色をしていることから

本当の名前は「ウチムラサキ」。

 

うま味成分 グリコーゲンを含み
鉄分、亜鉛など
栄養価の高い素材です。

このあたりでは あまりお目にかかりませんが、
伊勢や三河地方では「焼き大アサリ」という名物です。

焼くだけでもおいしいのですが、
都では、「大アサリの焼き物 二種のソース」
でご用意しております。

大アサリ 里美の手-

 

 

まずは下ごしらえから。

スタッフが一つ一つむいて

 

 

大アサリ 里美がむく

 

殻いっぱいの大きな身を
丁寧にとりだします。

 

 

 

DSC_0688 羽衣夜懐石大アサリヴァンブラン
   からすみと菜の花で
   春らしい色合いの

   ヴァンブランソース  

 

 

  * ヴァン(ワイン) ブラン(白) 
    つまり 白ワインベースのソースで、魚介によく合います。

 

 

DSC_0685 羽衣夜懐石 大アサリ醤油

 

  旬のたけのこをあわせて

  和をイメージした 

  醤油バターソース

  ソースが溶けて グツグツしてきたら召し上がれ!

一粒で二度おいしい!

って、グリコのコピーをまねしたくなりますね。

そういえば グリコって、貝のグリコーゲンから命名したそうですよ~。
   しらき

旅立ちの春に

あやちゃん-thumb-266x400-3494MIYAKO WEDDINGの
トップページを飾る
美しい花嫁・・・


誰もが憧れるモデルさん♡

 

 

実は・・・
あけぼの店のキッチンスタッフ
あやちゃんです。


 

 

 

ayaka-thumb-200x133-3500


美人で、スタイルが良くて、
でも、ちっとも本人は気にしてなくて
時折みせる お茶目っぷりがまた可愛くて・・・

 


炭焼工房から、5年。
キッチンスタッフとして
洗い場や調理補助を担当してきましたが
この春、新しい道に進むため
本日退社いたしました。

 

pic_index_dress_04あやちゃん2-thumb-250x166-3496-thumb-200x132-3497


「ここが大好きで、

仕事も大好きで

都で働けて良かった!」

 

 

あやちゃんの言葉は 私たちスタッフも同じ思いです。

 

「私たちも一緒に働けて 楽しかったよ!」

 

 

福山に帰ってきたら、
「ただいまっ!」って、
また元気な笑顔見せてね。

 

だって、ここは
『もうひとつの我が家』
なんですから !

 

しらき

春はあけぼの・・・

ほんのり
やんわり
はんなり
ふんわり…

春をイメージする言葉を並べてみると
どれも軽やかな空気感が感じられます。

 

企画テーマ「羽衣」は、そんな春のイメージから生まれました。
透けるように薄く、ふんわりと包み込むようなイメージを
お料理にいたしました。

前菜:「旬の魚介と春野菜のサラダ仕立て

羽衣 春野菜のサラダ仕立てアップ-thumb-153x204-3472
ベビーリーフと蕾菜や若ごぼう、
ウドなど春のお野菜たっぷりのサラダには
菜の花のソースと、色鮮やかな紅芯大根のソース。

桜の風味をつけた桜泡、
はちみつとレモンのジュレが明るい春の陽射しを受けて光っています。

魚偏に春、文字通り旬のお魚「鰆」と瀬戸内の飯蛸、
スモークの効いたマッシュポテトが魚介によく合います。

 

桜海老を散らして、「春の歓び」を表す前菜です。
スープ:「新じゃがのポタージュスープ」

DSC_0675 羽衣スープ アップ-thumb-153x204-3470

 

食感のアクセントにニョッキ
(ジャガイモと小麦粉で作る団子状のパスタ)、
フライドポテトを加え、
バジルオイルでさわやかな新芽の色をイメージしました。

シンプルなポタージュは
新じゃがのおいしさを存分に味わっていただけます。

 

 

ほどよくお腹に満足感が広がるころ、
愛らしい千代紙にのせた魚料理に進みます。

 

こちらは、「サーモンのソテー アスパラガスのソース

DSC_0678 羽衣昼魚アップ-thumb-153x204-3474
アスパラとボンゴレのソース、
さっぱりとした柑橘のブールブランソースが
サーモンをやさしく包みます。

ミョウガとスプラウト、トビコをかざり、
おめでたいお席にもぴったりの華やかさです。

 

 

 

おめでたいと言えば、「桜鯛と海老をつかった南禅寺蒸し

DSC_0679羽衣 魚南禅寺-thumb-153x204-3479おまかせコースの魚料理です。
熱を入れると桜色になる桜鯛で、
進級、進学、昇進などおめでたい春の宴席を彩ります。

桜鯛に お豆腐と白身魚のすり身、
キクラゲや百合根を合わせた
ふんわり優しい食感の南禅寺蒸し。

 

不老長寿のシンボルである 海老も加えました。

 

うっすら衣をまとった筍の天ぷらや菜の花に
和の味わいのあさり出汁の餡と、
ブールブランソースで洋のコクをからませて、
お魚の苦手な方も、きっと気に入っていただける一品です。

ちょこんとのせた塩漬けの桜は、春を待つ蕾をイメージいたしました。

 

さあ、いよいよ メインディッシュ。

DSC_0627 おもてなし ヒレステーキ-thumb-153x204-3477

熱々の鉄板で ヒレステーキを。

だし醤油、辛子、ねぎ塩はお好みで。

ちょっと焦げ目のついた新玉ねぎの
甘味が、お肉のうまみを引き立てます。

 

 

 

お食事のあとは

お楽しみの季節のデザート。

 
今回は、日本の心「桜」をイメージいたしました。

桜のプリン 春の香り」は、

DSC_0695羽衣デザート 桜プリン-thumb-153x204-3487
心ときめく淡い桜色のゼリー、
さくら色の豆乳ホイップ、
サクサクのパイ、
抹茶の羊羹、きなこシフォンケーキ、
いちごやカシス、チェリーなど…

春の香りをお口いっぱいに感じていただけます。

 

 

デザートは数量限定ですから、
ご予約時にお伝えくだされば、お取り置きしておきます。

 

春は もうすぐ そこに。

さ、コートを置いてお出かけ下さい。

 

春はあけぼの。ですから!(笑)

 

ご予約、お問い合わせ
お待ちいたしております。

しらき

このページの上部へ