ブログメインイメージ

忘年会コースが人気の理由

今年もあと10日あまり・・・

 

皆様にとって、今年はどんな一年でしたか?

 

嬉しかったこと、悲しかったこと、悔しかったこと
びっくりしたこと、奇跡のような出会いや、運命の悪戯に

たっくさんの思いを 今年もお友達や同僚の皆様と
美味しいお料理を囲んで盛り上がってくださいね。

 

まずは、お好きなお飲物で乾杯。

フリードリンクですから、遠慮なくお申し付けくださいね。

そして、近況報告でにぎやかに 宴のはじまりです

 

2016_12_ad_entree_624


とろけるような 牛の赤ワイン煮込み

サーモンの手まり寿司

コリコリと食感の楽しいクラゲを加えたホウボウのカルパッチョ

氷に見立てた器で、見た目にも一工夫。

2016_12_a_soup_624
ごぼうのポタージュに ほっこりしながら、

忙しかった日々、大変だったけど

頑張ってきた自分をいたわってあげてください。

 

 

 

 

「それで、最近 あの人どうしてる?」

なんて、フォアグラの中華パンをほおばりながら

一年のあんなことや こんなこと

過ぎてみれば みんな笑い話。

 

 

2016_12_al_poisson_624
ストウブ鍋の魚料理は 鱈と冬野菜

コクのある白菜のソースに ブルギニオンバゲットで
食べ応えも十分です。

 

 

そろそろお飲物 おかわり おもちしましょうか?

 

 

メインのヒレステーキ (またはハンバーグステーキをチョイスできます)

がテーブルに並んでも、まだまだ話題は尽きませんよね。

 

でも、大丈夫!

 

ステーキと溶岩石 
熱々の溶岩石に

焼きあがったお肉をのせておけば

つい話に夢中になって お肉が冷めちゃった・・・

なんてこともありません。

 

 

梅のお茶漬けで、ちょっと落ち着いた頃

「ねえねえ 知ってる・・・??」

なんて、他人の不幸は蜜の味・・・

DSC_3676 1柚子のシャーベット
ではなくて、甘味はひんやりデザートで。

季節のデザートは 柚子のシャーベット

 

 

 

今年一年 お疲れ様でした!

また 来年も頑張りましょうね! なんて

幹事さんのお話誰も聞いてませんけど・・・・

 

はい! では そろそろお開きとしましょうか。

 

 

年内30日まで 営業いたしております

 

今年一年の「お疲れ様!」のみなさまの

ご来店お待ち申し上げます。

 

 

 

 

 

冬めぐり

 

旅の楽しみのひとつは「その地でしか味わえないもの」

ですが、いろんな国や地方の冬の味わいで旅するように

都で楽しんでいただきたい。 という思いを込めて

この冬のテーマは 「冬めぐり」

ランチタイム 「おまかせコース」で
味わいの旅へご案内いたします。

 

前菜 三種盛り合わせ2016_12_al_hedder

 

 

 

 

島根産 ホウボウのカルパッチョ。
季節のお野菜と合わせてイタリアンドレッシングで和えました。
あまりなじみのない「根セロリ」は
セロリアックとよばれ、西欧ではスープにサラダに煮物に炒め物・・・
といろいろ使える万能野菜。
口どけの良いムースに仕立て、瀬戸内産小タコと合せました。

そして、ノルウェー産サーモンは軽く炙って手鞠寿司に。
一口サイズですが、6種類の薬味を重ねて 深い味わいです。

 

スープは 体を温めてくれる「根菜」。

2016_12_a_soup_624ごぼうのポタージュ。

ごぼうと 金時人参、

黒ゴマ、里芋・・・

 

 

 

ごぼうの香りが どこか懐かしい
ほっこりとした温もりを感じさせてくれる

そんな具だくさんスープです。

 

お魚料理は、キンメダイのみぞれ鍋

2016_12_ad_poisson_624

 

たっぷりのおろしを、「みぞれ」にみたてた日本の定番鍋の一つ。

 

 

 

キンメダイと、冬野菜。 
アクセントに柚子胡椒を 一さじ お好みで。

だしの滲みた 秋田名物きりたんぽでボリュームのある一品です。

メインの肉料理の後は、 お待ちかねのデザートです。

 

フランスのアンジュ地方の郷土菓子

クレームダンジュ

 

豆乳と柚子、三種のベリーで
見た目よりもさっぱりとした仕上がりです。
2016_12_a_dessert_624

 

 

 

 

 

 

*数量限定のため、ご予約時に一言添えていただけると幸いです。

 

 

 準備もパスポートもいらない 美味しい冬の旅

都あけぼの店で お待ちいたしております。

 

 

 

 

 

このページの上部へ