ブログメインイメージ

極厚ヒレステーキ!!

全国3万人のあけぼのファンの皆様 こんにちは!
(…と、一度言ってみたいものです・・・)

 

梅雨入りしたのに、日中は夏日のカンカン照り。
ちょっと、お肉でも食べてスタミナつけなくちゃ!!
と 思ってらっしゃるあなた!

 

せっかく お肉をいただくなら、
あけぼの店で 溶岩石を使って焼いていただく
「極厚ヒレステーキ溶岩焼きセット」

は、いかがでしょうか。

 

今まで 何度も説明してきたので、
こちらのブログを訪問してくださる方は
よ~くご存知だと思いますが

 

あけぼの店の魅力の一つですから
今日は 改めて
ご紹介いたします。

 

 

まず、こちらのお肉

 

IMG_20170531_150746

ご覧ください。
この厚み。

な、なんと4.5センチ!!

極厚です!

 

 

この厚みになると、表面はこんがり焼けても
中まで均一に火を通すのは かなり難しいです。

 

なぜなら

お肉は、筋繊維がコラーゲンの膜で束ねられた構造で
コラーゲンは65度を超えると縮んでしまい
筋繊維を締め付けるため、肉汁が絞り出されてしまいます。

 

結果・・・お肉が硬い・・・(≫_≪)

 

家庭のフライパンで焼くと、
中まで一定の温度に達するころには
表面が焦げ付いてしまうし
おいしそうな焼き加減でも
中は生焼け・・・ということに。

 

 

せっかくのお肉ですから
美味しく焼き上げていただきたい!!

 

そ こ で ! !

 

今一度、溶岩石プレートの威力を説明いたします。

溶岩石プレートは 遠赤外線という力でお肉を焼きます。

 

遠赤外線というのは、目には見えませんが
食材の分子を振動させて摩擦熱を生じさせる

(電子レンジは電磁波で水分子を生じさせます。)ので、
表面と同時に中心部にまで火が入ります。

 

直接 炎に当たらないので、焦げ付く心配もありません。

おまけに、富士山の溶岩石はミネラルも豊富。

 

お客様は 溶岩プレートに置いたら
2016_1_a_niku300
片面3分。

裏返して3分。

 

置いたら待つ。

それだけです

 

 

だ  か  ら

 

誰が焼いても、表面はこんがり、中はふっくら!!

 

つけあわせの玉ねぎも、溶岩石プレートにのせておいてください。

 

 

BBQなどで、パッサパサの紙きれみたいになった玉ねぎは
強い火力で 水分が飛びすぎたため。
溶岩石で焼けば、ジューシイで甘い玉ねぎに。

IMG_20170531_190851 厚切りヒレステーキ
焼いてる間に キッチンで

マッシュポテトとガーリックチップをご用意。

仕上げに レモンバターをのせたら

 

 

ほら  ね!!!

美味しいミディアムレアの焼き加減。

 

一口 噛むと お口の中にあふれる肉汁。

ジュワ~~っと、うまみが広がります。

お好みの大きさにカットして 召し上がれ!

 

 

 

「これ、ものすごぉく おいしいですっ!」

 

これなら、150、いやぁ200gいけますね!」

 

「ふだんお肉を食べない義母が、おいしいっと、たいらげました。」

 

「焼き肉とは全然ちがう、 お肉食べた!という満足感が違いますね」

 

 

などなど、うれしい ご感想が寄せられています。

 

 

次は、あなたからの 感想をきかせてくださいね!

 

 

 

 

しらき

 

 

 

 

 

 

夏の歓宴 はじまります♪

ついこの間満開だった桜の木が青々と茂り
日ましに強くなる陽射しを遮ってくれています。

気が付けば もう6月。

 

あけぼの店おお料理も 夏仕様に衣替えです。

 

夏の特別料理「夏の歓宴」をテーマに
驚き、ワクワク、こだわりの品々をご用意いたしました。

 

まずは、ランチタイムのコースから

 

前菜「夏物語」の3品

2017_6_al_entree624
これから旬を迎えるカンパチの手まり寿司。

パプリカのムースと夏野菜は
トマトのジュレやバジルの香りで
お口の中でラタトゥユの味わいに。

鱧の真丈は、金針菜や海老を添え温かな一皿に。
冷たいお料理ばかりで体を冷やしすぎないよう
優しい一品です。

 

スープは 家族でほおばるトウモロコシ
をイメージした 具だくさんの

「トウモロコシのひんやりポタージュ」

2017_6_a_soup_624

トウモロコシのなめらかなポタージュに
コクのあるフラン(洋風茶わん蒸し)
大き目にカットして食感をのこしたインゲン
ポップコーンや、松の実
香ばしい粒トウモロコシ・・・

浮かべたコーヒーゼリーの苦みが
アクセント。
スープの旨味を引き立てます。

 

 

 

歓びコースの魚料理は「海辺の宴」

楽しい海辺のバーベキュー
お客様のお席に もくもくと燻煙ごとお届けいたします。

 

2017_6_ad_posson2__624
クリームチーズとヨーグルトでマリネした
イサキを 芳しい香りで仕上げました。

王道のブールブランソース
彩り楽しいガスパチョソース
そして 柚子胡椒クリーム。

ハスイモやパプリカのリゾットで
味わいもにぎやかな一皿です。

 

 

おもてなしコースの魚料理は「夏陰」

 

2017_6_al_poisson _624
穴子の真丈と スズキ

辛子れんこん餅、翡翠なす
茗荷、ハスイモ

見た目も
素材も しっとりとした和の雰囲気
ですが

蒲焼風のタレにドライトマトやライムの香りで
和と洋の新鮮な風を感じていただけます。

 

2017_6_a_nikuteppan_624
選べるメインは ヒレステーキ

 

 

 

 

 

ま た は

2016_5_a_hamburg_624

溶岩焼 特製ハンバーグステーキ

 

 

 

 

お食事のあとは、

季節のデザート

「常夏のあんみつ風 ~夕涼み~」

2017_6_a_dessert_624

ココナッツやマンゴー、
パッションフルーツなど
トロピカルなムースやゼリーで
ひんやりさっぱりのデザートです。

色合いも形も カワイイあんみつ風。

 

定番人気のソフトクリーム

それとも、数量限定の季節デザート。

どっちも 美味しそうで決められない!という方には

両方楽しめる デザート盛り合わせ (+¥500)

も承ります。(要・予約)
数に限りがございますので、ご予約時に 一声かけてくだされば

お取り置きしておきます。

 

季節ごとに 素材を楽しむ

あけぼの店で 季節の楽しみ
見つけにいらしてくださいね。

 

しらき

 

 

 

 

このページの上部へ